旅の思い出 〜カンボジア アンコールワット編〜

Pocket

4年前の今日、私はアンコールワットにいました。

朝5時過ぎにゲストハウスを出発し、朝日を見にアンコールワットへ。

ですがこの日は雲が厚く、綺麗な朝日を見ることができませんでした。

アンコールワットではこのような美しいアートが売られていたり、

洋服や雑貨、お土産などを扱うお店もあります。

表情のない男の子

アンコールワットを歩いていると小学校1年生くらいの男の子が、

「4マイ、1ドル」とポストカードを持ってずーっとついてくるんです。

私はその子の表情を忘れられません。全く表情がなく、瞳の輝きもないんです。

貧困に関しては様々な意見がありますが、
私は基本的にこういう光景に出会っても、買うことはありません。
私がこのポストカードを購入すれば、一食分のご飯が買えるかもしれない。でも、貧困問題は解決しないんです。この子は一生、家族のために観光客を相手に生活をしなければならない。日本なら学校に通っているはずの男の子。私はこんな子供たちを増やしたくない。学校で教育を受け、夢と希望を持って、人の役に立つ立派な大人になってほしい。

ショッピングモールでも、カンボジアに学校を建てる為の寄付BOXが設置されていたりしますよね。私は見かけたら必ず寄付するようにしています。

この出来事は私の中で忘れられないことの一つです。

 

ベンメリア遺跡

アンコールワットを後にし、続いてベンメリア遺跡へ。

ここはジブリ映画「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったと言われる遺跡。

修復されることもなく、ただただ朽ち果てていくベンメリア。

太い木や苔などの植物が遺跡を飲み込んでしまいそうなほど成長していて、不思議なパワーを感じられる場所です。

実はアンコールワットよりも先に建てられ、「東のアンコールワット」とも呼ばれている、とても歴史のある遺跡なんですよ!

ここが有名になったのはポル・ポト政権の内戦時の地雷が撤去されてから。(カンボジアには悲しい過去の歴史があるのです…)
遺跡内の地雷の撤去は完了していますが、カンボジアには未だに地雷が埋まっているエリアもあるので、立ち入り禁止エリアはもちろん、人通りの少ない道は歩かないこと!!

アンコールワットからベンメリア遺跡まではトゥクトゥクで約2時間半。

道路が舗装されていないところが多いので、座っているとお尻が痛くなるし、砂埃が舞う為、道中はマスクとサングラスは必須。また、遺跡内には売店がないので、水と虫除けスプレーを持って行った方がいいです!

 

私は前回アンコールワット遺跡とこのベンメリア遺跡の2箇所しか見れなかったので、次回はプレアビヒア遺跡とコーケー遺跡を見るのが目標です!!

個人的に旅仲間も募集してますので、旅好きな方はぜひお声がけください♪

 

合わせて読みたい

旅の思い出 ~乗ったら最後!カンボジア、トンレサップ湖でボッタクリ?~